読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piano-treeの日記

https://www.facebook.com/Daisuke.Inoue.jp

自分を見下した人を、もし大統領になったらどう処するか?

あまり有名ではないけど、大好きなあるアメリカ大統領のanecdote(逸話)。リンカーンが当時しがない田舎町だったシカゴの、名もない弁護士だったとき、全米で話題の特許裁判の共同弁護人を、当時のスター弁護士だったハーディング弁護士とワトソン弁護士に依頼されます。

裁判が僻地であったイリノイ州シカゴで行われるため、地元の裁判所に詳しいであろう無名のリンカーンに白羽の矢がたったのですが、その後裁判の地はオハイオ州シンシナティに移り、それならリンカーンにこだわる必要はなく、もっと名のある弁護士が良いだろうということで、ハーディングとワトソンは著名なエドウィン・スタントンに共同弁護士を依頼し直します。

しかし、手違いがあってリンカーンにはそれが知らされませんでした。リンカーンは乾坤一擲の裁判に血眼になって資料を集め弁論を用意して、万全の準備でシンシナティに乗り込みます。裁判の日時や場所は新聞で知りました。何の連絡もないのはおかしいなとも思いますが、スター弁護士というのはそういうものだろう、と自分に言い聞かせます。当日両弁護士を訪ねたリンカーンはそこで初めて解任を知らされますが、気を取り直して無報酬での裁判参加を打診します。

難色を示したのはスタントンでした。スタントンは無名の田舎弁護士を相手にせず、結局裁判にはワトソン、ハーディング、スタントンの3人で臨むことになりました。このときのリンカーンの悔しさを思うと胸が痛みます。普通の人なら、自分の不甲斐なさに押しつぶされるか、復讐心に胸を焦がすでしょう。

しかしリンカーンは、虚心坦懐に裁判を傍聴し、塩対応されたスタントンの弁護術に素直に感嘆します。そして、後に彼が大統領になったとき、なんとこのスタントンを司法長官に任命するのです。スタントンは司法長官として、後にsecretary of war(当時の国防長官)としてリンカーン政権の文字通り要となります。

スタントンのみならず、腹心の国務長官スワードもエドワード・ベーツもサーモン・チェースも、リンカーンの主要な閣僚は、みな泡沫候補であった彼を見下し、相手にしていなかった軽蔑者たちでした。トランプはリンカーンのような度量を見せられるでしょうか。アメリカを一つにするため、彼一流のエンターテイメントとしてでも、bipartisanで(党を超えて)批判者やライバルまでを取り込んだサプライズ人事が行われることを、密かに期待します。